マケドニア玩具倉庫

無駄遣いをヌタヌタと書き綴ったブログ…

はじめてのミニチュアウォーゲーム 

もう日付が変わってしまいましたが昨日ははじめてのミニチュアウォーゲームにお誘いいただいたので遊びに行ってきました。
基本コミュ障のヒキニートですので知らない人のいるところに出かけるのは微妙に命懸けです。

さて、今回遊ばせていただいたのはFlames of Warというゲーム。
日本語版的なものは一切ない品のようで、まずは練習がてらベテランのSinさんに手ほどきを受けながら4人で練習。
戦車のみの対決で日本軍を担当します。
ルールは明快に半数がやられたら負け。

DSC_0329_サイズ変更
与し易いのは正面のイギリス軍と思いながらも突っ切る前に側面の鬼政さんが操るドイツ軍に攻撃を受けそうだったのでまずは全力突撃。
メジャーで30cmを図って進撃します。

順序が逆の言い方にはなりますがこの辺のゲーム感は手動ながらサクラ大戦3のARMSや戦場のヴァルキュリアのBLiTZに近く、ミニチュアからヘクスになりコンピューターに移ってまたミニチュアっぽくなったと考えるとちょっと面白い。

今回はあまり勝敗にガツガツした感じではなく和やかな場であったため割とアバウトにゆるーく対戦は進む。
DSC_0330_サイズ変更

60cmある射程の長さを生かしてドイツと打ち合っていたハ号があっけなく1輌やられる隙にチハたんが突出します。

DSC_0331_サイズ変更
そこへイギリス軍も乱入、チハたんが神懸った跳弾を繰り返している間にⅢ号と撃ちあっていたハ号がもう1輌やられてゲーム脱落。
戦果を上げることもなく日本軍は撤退しました。

DSC_0334_サイズ変更
勝負はイギリス軍をもドイツ軍が粉砕したところで鈍足のため戦闘に全く参加できていなかったソ連軍がのっそり現れドイツ軍は全車両乗員が脱出状態となりソ連の勝利。
まさに鳶に油揚げ状態。

2戦目は2人チームに分かれて日英の対決。
DSC_0335_サイズ変更
戦争初期っぽい陣容なのでイギリスの防御ラインを4輌突破で日本軍の勝利。
今回はイギリスは歩兵も使用します。

DSC_0336_サイズ変更
今回はハ号3輌にイ号3輌を担当。

DSC_0337_サイズ変更
マレー電撃戦の再現をしてやるぜ!

DSC_0339_サイズ変更
DSC_0340_サイズ変更

イギリス軍は2ポンド砲8門が万全の体制で待ち受けます。(家の中に2門隠れています)

DSC_0341_サイズ変更
機動防御用のMK.VIも6輌。

DSC_0344_サイズ変更

写真を撮り忘れてしまいましたが、戦いはアルデンヌのごとく右サイドの森林突破を図るハ号が2輌森林突破に失敗、1輌だけ突出してしまって2ポンド砲の釣瓶撃ちに会いあえなく炎上。
残った2輌とイ号は中央森林の突破に作戦を切り替えます。
しかしここでもイ号が森林突破に手こずっている間にMK.VI3輌に肉薄され森林をはさんでの打ち合いに。

DSC_0345_サイズ変更

それぞれ1輌ずつがやられたところで……

DSC_0346_サイズ変更

左サイドの突破を図っていた軍曹亭さんが2ポンド砲を全部潰して見事突破に成功。
日本軍の勝利となりました。

ち、中央突破を図った部隊は囮だったんだよね!
まさに作戦通りさ!/(^o^)\

メジャーで測って射線が通るかは目視!みたいな実にアナログかつアバウトなゲームですが、厚紙の駒と比べてなんといってもキャラクターが際立っているのと、ヘックスがないので好きに移動できる(変にZOCなどでの制限がない)というのがいいですね。
非常にかさばるのと何より色塗りが大変……という大きな問題はあるものの、イタリア軍戦車のミニチュアを揃えてみたくなりますね。
[ 2017/03/27 03:04 ] 電源不要ゲーム | TB(0) | CM(0)

C91お疲れ様でした! 

弊サークルに足を運んでくださった皆様ありがとうございました。
おかげさまでコンテ・ディ・カヴール本は2版も完売となりました。
(初版が数部まだ残ってますけれど2版をつくった今となっては…)

カイオ・ドゥイリオ本も来年の冬コミまで残る覚悟で刷ったのですがおかげさまで想定した在庫量まで、1年かけて頒布するつもりの量が1日で捌けてしまいました…。

今日もかなり詳しい方から色々ご指摘をいただきましたが次はリットリオ級ともなればさらなる厳しい目があるかと思うとガクブルじょうたいなのですが、なんとか来年中にリットリオ級までは終えたいと思っております。
いや、そもそもそんな本作らなくてもいいぐらいの本がでてくれる方が実際ありがたいのですが…。
ロシア語やイタリア語の書籍を買っても読むのに挫折したよというようなことをおっしゃっていた参加者もおられましたし自分も日本語で海外書籍並みの資料が読める来年にでもなってくれればと願うところですが。

それでは皆様良いお年をお迎えください。
[ 2016/12/30 23:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C91お品書き 

お品書きC91のコピー

明日のお品書きです。
どうぞよろしくお願いいたします。
[ 2016/12/29 22:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C91新刊情報 

b5_hyoshi_color_Duilio_P1_24のコピー

まさに誰得な感じのカイオ・ドゥイリオ本が完成しました~。
あとは事故がなければ当日頒布できるものと思います。
自分で作っておいて何ですがカヴール本となんだかとっても表紙がにているのでご注意ください。

別の本です…。

そのカヴール本ですが、気がついたら残部があまりなかったのE
表紙に日本語でコンテ・ディ・カヴールと書き忘れるという致命的なミスを修正して増刷したのは
前々回に書いたとおりですが、結局ドゥ入りお本作っている間に誤植がまだまだ見つかるという悲しい結果に。

まぁ誤植はもうあるものと思っていただければ…。
校正はやはり自分でやったところで気づかないものなのです…。

それでは当日有明でお手にとっていただければうれしいです。
[ 2016/12/19 23:34 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ゲムマ再掲 

http://gamemarket.jp/boothlist/

ゲームマーケットのブースはK-15です。
詳しくはマップを見てください。
朝搬入の通路が変わったみたいなメールが来てましたが
一般の方は特に変わりないものと…。
今回は東7なので東6ホールのガレリアの奥にある扉の向こうです。

ゲームマーケット2016秋の頒布はこちらです。

アンツィオ高校がVer1.1(ほぼ再頒布)

当日先行販売がある21日発売のぱんつぁー・ふぉー!2には一切対応しておりません
戦車カウンターがぱんつぁー・ふぉー2側では1に対応しているらしいですがその逆は知りません。

というわけですでに初版をお持ちの方はよっぽどアンツィオ高校が好きだ!とかぱんつぁー・ふぉー!システムで仮想戦やりたい!とかでなければ重要ではありません。
千代美お姉ちゃんがなぜ我が家には居ないのか、などでお悩みの方のお悩みは解決できません…。

今回再頒布にあたって仕様を変更した点を書いておきますので購入の検討材料にしてください。
さんぷる

・統帥アンチョビのイラストを可愛いものに変更
・カルパッチョのイラストを可愛いものに変更
・ペパロニのイラストを 戦車帽かぶったものに変更
・メガミマガジンを厚紙カウンターに対応した打ち抜き仕様にするためのものをどれかのセットから再録
・その他後から追加した分のアンツィオ高校カウンターをまとめて再録
・戦車の数がこれまでのリリース総数より面数に合わせてちょっと増えている
・P30/43を新録
・P35/43bisを新録
・M16/43 Saharianoを新録
・Semovente M43 da 75/46を新録
・ヴェルデハ2の修正カウンター(上面図を斜め後方からの写真見て適当に書いたのが正しいものがわかったので修正)
・五式中戦車の修正カウンター(夏コミのミス修正)

・マドレーヌを新録(隊長仕様/エクレール隊長時用2種)
・コロンビエを新録
・エクレールとフォンデュのマドレーヌ隊長時仕様を新録
・ボルドーを新録
・辻つつじ隊長時(63回大会)用の西絹代と玉田を収録

変更点は以上となります。

ほぼドゥーチェたちを設定画から可愛くしたかったのとイタリア戦車で各校と戦うための自己満足変更だけ加えた再頒布セットです。
新規で起こしたマジノ戦キャラはほとんど試合に関与していないマドレーヌとコロンビエ(4.25話参照)で、
ボルドーもリボンの武者の黒森峰戦(63回大会以降)用なので本筋としては必要はないありません。
※タンカスロンとぱんつぁー・ふぉー!は再現性の上でスケール感の相性が悪いので微妙。

[ 2016/12/10 14:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
備忘録
管理人の更新するまでもないメモ書きです。

○サンマルコ ☆エル・グランデ ☆ハチエンダ ○ニュー・エントデッカー ○レーベンヘルツ △ドージェ ☆アベ・カエサル
再生産アンケート
amazonランダムアフィリエイト

ブロとも申請フォーム