マケドニア玩具倉庫

無駄遣いをヌタヌタと書き綴ったブログ…

C93 

3日目 東U-21bに配置されております。
メカミリです。
リットリオ本を書けるところまでがんばりたいが仕事は毎日終電です…。
[ 2017/11/02 23:54 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C92 

金曜日 東地区 "ポ" ブロック 45aです。

今回はぱんつぁー・ふぉー2の拡張1となっております。
詳しくはこちらで!
コミケWebカタログCircleページ
[ 2017/08/07 00:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

同人うぉーげーむ 

ま、同人と言っても市販商品を手がけているプロのデザイナーが作っているので同人というほど同人ではないんですけれどね。

『初心者向けSLG専門誌』を謳う同人誌「SLGamer」の10号に付属するゲーム「コブラ作戦&エプソム作戦」を対戦しました。
まぁ対戦といっても所有者の軍曹亭さんもはじめて対戦するみたいな状況ですのでルールを見ー見ーの対戦ですが。
まずは先に説明書を手に取っていた方「コブラ作戦」をプレイ
航空支援のある連合軍がなんとなく強そうとかいう意味不明な理由で連合軍を担当。

<中略>

……いや、写真を一切取ってないので説明しても意味不明だしね。

コブラ作戦

ゲームは第5ターン終了時にアバランシュかモルテンを連合軍が押さえていると勝利、阻止すればドイツの勝利ということで
みてのとおりドイツの勝利です。
実は第5ターンのときに右端に陣取っている米第8軍団が余計なことをしなければ「ライトニング・ジョー」ことコリンズ少将率いる第7軍団がアバランシュまで駆け抜けて勝利した可能性が高かったのですが、あんまり後の展開を考えずに攻撃を敢行、下がったドイツ軍が7軍の壁となりアバランシュの手前で進撃は止まってしまいましたw
アホすぎるw

まぁ第2SS装甲師団を航空支援で一撃で葬ったり見せ場は作ったので良しとしよう…。
アメリカ第2機甲師団は逆にアホみたいに固くて全く抜けなかったという…。

実はこれが次への伏線となるわけですが…。

お次はエプソム作戦です。
引き続き連合軍を担当。

<中略>

だって写真が(ry

エプソム作戦

こちらは第6ターン終了時に連合軍が112高地、或いはカーン市内に居れば勝利。阻止すればドイツ軍勝利ということでしたが
両目標制圧で連合軍完全勝利です。

コブラ作戦と違い、航空支援にきたRAFはクソの役にも立たなかったので地上部隊が頑張りました。
第一ターンですでにカーン市街への侵入を果たし、以降逆方位となった状態から第6ターンまで持ちこたえました。

ここで今回のジンクスとして第4ターンに増援に来たはずのSS装甲師団がすでに1つ壊滅しており、
SS役に立たねぇwという流れを見事に踏襲。
逆に国防軍の第21装甲師団はカーン市街の写真右側に陣取っていた連合軍を機甲師団含めて排除せしめるという八面六臂の活躍を見せたのですが、SSが役立たずなので写真左側の連合軍が耐えきってしまいました。

今回は一貫してSSがヘタレであったところから戦局が大きく推移した感もあり、こういう流れが生まれるのは面白い結果かと思います。

適当にプレイしましたがどちらも最終ターンまで決着がもつれるバランスで250円のゲームとは思えない出来で遊べたと思います。
運の要素も多分に大きいので突き詰めていって詰将棋にならないところも好みかなとは思いました。

初心者向けを標榜するだけあってなかなか手軽でありながらサイコロをたくさん振ることもあって熱い展開にもなるウォーゲームが500円で買える!というのは凄いことだと思いましたが、同時にコブラ作戦だ!買おうぜ!ってなる初心者ってのも全く想像つかねぇなとも思いました。
ウォーゲームが抱えている本質的な弱点といえるんですが、エプソム作戦なんて日本語wikiすらないような状況でエプソム作戦だ!ゲームをやりたいと思う初心者の人ってどのくらい居るんだろうか。
日本人の場合ノルマンディーの話で言えばプライベート・ライアンのオマハ・ビーチの攻防戦、とかヴィレル・ボカージュでヴィットマンが英軍をなで斬りにする話ぐらいでようやくそこそこ知っている人が出てくるレベルじゃないかねとか思う次第。
でもそれって作戦がどう、とかではなくってやっぱりキャラクターが際立ってる(或いはそのように作られた作品の)エピソードを認識しているだけなんだよねとか。
だからフューリーとは言わずともティーガーとイージーエイト小隊の戦いのゲームとかのほうが良かったりするんじゃないかしら、とかそんなことを思ったり。
自分はキャラゲー以外は買わない人なのでその辺基準の違う人が居るとは思うけど対象であるべき初心者はなにをもってこのウォーゲームってのをやるんだろうっては思わされた。
その意味ではミニチュアゲームのほうがまだ見た目のフックあるよなぁとか。
そして戦艦大和が大した活躍もせず沈んだのは日本人とウォーゲームにとっては不幸だったんだろうな、と。
なんか一つでも大活躍があればその海戦のゲームがわんさかでてたんだろうし。
海戦の主役となった空母戦も航空機も基本的にはウォーゲームと相性悪いしね。

このほかバンダイの新撰組もプレイしたんですがこちらは完全に写真を撮り忘れ、かつ第6ターンの途中までと中途半端なところで終わってしまったのでまたの機会に。
ところで斉藤一が出てきたときにインストしてくれていたはねはねさん(10歳以上年上の方だ!)牙突!牙突!といっていたのが別の意味で印象的で、隊士が本当にゴミのように死んでいくゲームなのでちょっと改造してヒロイックさを追加してるろうに剣心幕末剣客浪漫譚とかにしても面白そうかなと言う気もしました。
ていうか基本がそのくらいよく出来ている感じがありましたね。
武田観柳斎が岡田以蔵はじめ勤王の先生方をバッタバッタと切り倒してしまったのが印象的なエピソードでしょうか。
いずれにしてももう一回ちゃんとやってみたいですね。
[ 2017/04/10 01:43 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C91お疲れ様でした! 

弊サークルに足を運んでくださった皆様ありがとうございました。
おかげさまでコンテ・ディ・カヴール本は2版も完売となりました。
(初版が数部まだ残ってますけれど2版をつくった今となっては…)

カイオ・ドゥイリオ本も来年の冬コミまで残る覚悟で刷ったのですがおかげさまで想定した在庫量まで、1年かけて頒布するつもりの量が1日で捌けてしまいました…。

今日もかなり詳しい方から色々ご指摘をいただきましたが次はリットリオ級ともなればさらなる厳しい目があるかと思うとガクブルじょうたいなのですが、なんとか来年中にリットリオ級までは終えたいと思っております。
いや、そもそもそんな本作らなくてもいいぐらいの本がでてくれる方が実際ありがたいのですが…。
ロシア語やイタリア語の書籍を買っても読むのに挫折したよというようなことをおっしゃっていた参加者もおられましたし自分も日本語で海外書籍並みの資料が読める来年にでもなってくれればと願うところですが。

それでは皆様良いお年をお迎えください。
[ 2016/12/30 23:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

C91お品書き 

お品書きC91のコピー

明日のお品書きです。
どうぞよろしくお願いいたします。
[ 2016/12/29 22:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
備忘録
管理人の更新するまでもないメモ書きです。

○サンマルコ ☆エル・グランデ ☆ハチエンダ ○ニュー・エントデッカー ○レーベンヘルツ △ドージェ ☆アベ・カエサル
再生産アンケート
amazonランダムアフィリエイト

ブロとも申請フォーム