マケドニア玩具倉庫

無駄遣いをヌタヌタと書き綴ったブログ…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミニチュアゲーム再び 

GWということで、前々回に引き続きFlames of warを遊ばせてもらいました。
テーマはマレー戦風ということで英軍陣地を日本軍が突破を図ります。
英軍マークに日本軍が到達できれば勝利。阻止すれば英軍勝利。
今回は英軍を担当します。
DSC_0362_サイズ変更
英軍の半分は増援となるため初期配置はしません。
起動防御じゃヒャッハー!というわけで装甲車両は全部増援に回します。

DSC_0363_サイズ変更
その他4輌いる2ポンド砲搭載のポルティーはアンブッシュという扱いで好きなときに敵から一定距離離れた地点に出現させます。

DSC_0364_サイズ変更
英軍陣地視点!
押し寄せる日本軍が遠くに見えています。
DSC_0365_サイズ変更
第1ターンはやることもなくじっと待っていましたが2ターン目に入って突出してきた日本軍戦車を2ポンド砲で釣瓶撃ちにして火だるまに。
馬鹿め、甘いわ。
実はこの戦車こんなカラーリングですが38tです(今回の日本軍最強戦車)

DSC_0366_サイズ変更
頼もしい2ポンド砲陣地

DSC_0367_サイズ変更
更に突出してくる装甲部隊を薙ぎ払うためポルティ出現。十字砲火じゃ!ヒャッハー!

DSC_0368_サイズ変更
DSC_0369_サイズ変更
というわけで89式も撃破。

DSC_0370_サイズ変更DSC_0371_サイズ変更
中央に迫ってきたチハ部隊も全輌ベイルアウト(緊急脱出状態)に。

DSC_0373_サイズ変更
次ターンに移ってなになに、チハ2輌は乗員戻ってきたのね……からの……ポルティーへの砲撃、4D6で6が4個ですと!?
全滅……?
4輌のポルティが全滅だと!?3分も経たずにか!?

DSC_0375_サイズ変更
右翼の防御の要が全滅したところで左翼に迫ってきたハ号。
重機関砲と対戦車ライフル、わずかに残った2ポンド砲の援護射撃で1輌を撃破、1輌をベイルアウトに。

DSC_0376_サイズ変更
日本軍の歩兵部隊もすぐ後ろまで迫ってきている!

DSC_0377_サイズ変更
ターン変わって再度ハ号に左翼の全火力を集中、全両撃破で平穏を取り戻す左翼

DSC_0378_サイズ変更
中央のチハも右翼から現れた増援のMK-VIの力を借りて1輌撃破、1輌をベイルアウト状態にベイルアウトを重ねて撤退させます。
94式軽装甲車かな?もベイルアウトで装甲部隊沈黙させます。

DSC_0381_サイズ変更
装甲部隊が居なくなった日本軍は万歳突撃を敢行、全火力で応戦します。

DSC_0382_サイズ変更
なんとか踏みとどまった英軍が大半の日本軍を掃討、突破力を失った日本軍はここで敗北となりました。

DSC_0384_サイズ変更

今回は当初もう1台机があったものの、会場が混んできてしまったため1台手放して前回よりも横幅が狭くなってしまい、防御側の十字砲火が成立しやすくなり攻撃側が全体的に不利となってしまいました。
負けたとは言えその中でもポルティを一瞬で全滅させたチハ隊の奮戦が光っていました。
スポンサーサイト
[ 2017/05/06 05:38 ] 電源不要ゲーム | TB(0) | CM(0)

はじめてのミニチュアウォーゲーム 

もう日付が変わってしまいましたが昨日ははじめてのミニチュアウォーゲームにお誘いいただいたので遊びに行ってきました。
基本コミュ障のヒキニートですので知らない人のいるところに出かけるのは微妙に命懸けです。

さて、今回遊ばせていただいたのはFlames of Warというゲーム。
日本語版的なものは一切ない品のようで、まずは練習がてらベテランのSinさんに手ほどきを受けながら4人で練習。
戦車のみの対決で日本軍を担当します。
ルールは明快に半数がやられたら負け。

DSC_0329_サイズ変更
与し易いのは正面のイギリス軍と思いながらも突っ切る前に側面の鬼政さんが操るドイツ軍に攻撃を受けそうだったのでまずは全力突撃。
メジャーで30cmを図って進撃します。

順序が逆の言い方にはなりますがこの辺のゲーム感は手動ながらサクラ大戦3のARMSや戦場のヴァルキュリアのBLiTZに近く、ミニチュアからヘクスになりコンピューターに移ってまたミニチュアっぽくなったと考えるとちょっと面白い。

今回はあまり勝敗にガツガツした感じではなく和やかな場であったため割とアバウトにゆるーく対戦は進む。
DSC_0330_サイズ変更

60cmある射程の長さを生かしてドイツと打ち合っていたハ号があっけなく1輌やられる隙にチハたんが突出します。

DSC_0331_サイズ変更
そこへイギリス軍も乱入、チハたんが神懸った跳弾を繰り返している間にⅢ号と撃ちあっていたハ号がもう1輌やられてゲーム脱落。
戦果を上げることもなく日本軍は撤退しました。

DSC_0334_サイズ変更
勝負はイギリス軍をもドイツ軍が粉砕したところで鈍足のため戦闘に全く参加できていなかったソ連軍がのっそり現れドイツ軍は全車両乗員が脱出状態となりソ連の勝利。
まさに鳶に油揚げ状態。

2戦目は2人チームに分かれて日英の対決。
DSC_0335_サイズ変更
戦争初期っぽい陣容なのでイギリスの防御ラインを4輌突破で日本軍の勝利。
今回はイギリスは歩兵も使用します。

DSC_0336_サイズ変更
今回はハ号3輌にイ号3輌を担当。

DSC_0337_サイズ変更
マレー電撃戦の再現をしてやるぜ!

DSC_0339_サイズ変更
DSC_0340_サイズ変更

イギリス軍は2ポンド砲8門が万全の体制で待ち受けます。(家の中に2門隠れています)

DSC_0341_サイズ変更
機動防御用のMK.VIも6輌。

DSC_0344_サイズ変更

写真を撮り忘れてしまいましたが、戦いはアルデンヌのごとく右サイドの森林突破を図るハ号が2輌森林突破に失敗、1輌だけ突出してしまって2ポンド砲の釣瓶撃ちに会いあえなく炎上。
残った2輌とイ号は中央森林の突破に作戦を切り替えます。
しかしここでもイ号が森林突破に手こずっている間にMK.VI3輌に肉薄され森林をはさんでの打ち合いに。

DSC_0345_サイズ変更

それぞれ1輌ずつがやられたところで……

DSC_0346_サイズ変更

左サイドの突破を図っていた軍曹亭さんが2ポンド砲を全部潰して見事突破に成功。
日本軍の勝利となりました。

ち、中央突破を図った部隊は囮だったんだよね!
まさに作戦通りさ!/(^o^)\

メジャーで測って射線が通るかは目視!みたいな実にアナログかつアバウトなゲームですが、厚紙の駒と比べてなんといってもキャラクターが際立っているのと、ヘックスがないので好きに移動できる(変にZOCなどでの制限がない)というのがいいですね。
非常にかさばるのと何より色塗りが大変……という大きな問題はあるものの、イタリア軍戦車のミニチュアを揃えてみたくなりますね。
[ 2017/03/27 03:04 ] 電源不要ゲーム | TB(0) | CM(0)

ゲームマーケット2016秋…冬? 

http://gamemarket.jp/boothlist/

ゲームマーケットのブースが公開になりました。
K-15だそうです。
詳しくはマップを見てください自分でもよくわかってませんので…。
ガレリアの先東6ホールの奥にある扉の向こうに新しいホールが出来たようですね。
正直6ホール側から行くと外に出ることになるのか屋根があるのかすら知らないので当日見てコミケの予行演習にしようぐらいのノリなんですが。

さて、前の日記に書いたようにコミケはメカミリ島煮出してみたのでゲームマーケットでは今年最後の非電源ジャンル新作頒布となります。
別にいつも通りなのでコミケに来る方はそちらでお求めいただいてもいいのですが、いつもとジャンルが違うので参加日の関係踏まえてそのあたりはご検討ください。
多分非電源は艦これや同人ゲームと一緒に1日目ですがメカミリは2日目の女子日真っ只中で東7に隔離配置となっております。
マジカ。
逆に言うとコミケ2日目は誰もこないのでらくらく買えるという見方もできますが。

ゲームマーケット2016秋の頒布はこちら

じゃーん

アンツィオ高校がVer1.1になって再頒布

です。
当然当日かその近辺に販売されるであろうぱんつぁー・ふぉー!2には一切対応しておりません。
戦車カウンターがぱんつぁー・ふぉー2側では1に対応しているらしいですがその逆は知りません。

そもそもはエキスパンション第一弾として頒布したものでまだ打ち抜き型のテンプレすら出来てなかった頃に作ったやつですね。
今現在使われているテンプレはうちのアンツィオを入稿した後にやっぱ変更します!といって出来上がったもので再配置したらテンプレの面付け数が増えてて白カウンターが余ったwという自体になったのは当時お求めになった方はご存知かと思います。
※事情は書きませんでしたが白カウンターが入っていたのはそういう事情です

というわけですでに初版をお持ちの方はよっぽどアンツィオ高校が好きだ!(自分だ)とかぱんつぁー・ふぉー!システムで仮想戦やりたい!とかでなければそれほど重要ではありません。
千代美お姉ちゃんがなぜ我が家には居ないのか、などでお悩みの方も解決できません…。

今回再頒布にあたって仕様を変更した点を書いておきますので購入の検討材料にしてください。
さんぷる
さんぷる


・統帥アンチョビのイラストを可愛いものに変更(大事)
・カルパッチョのイラストを可愛いものに変更(大事)
・ペパロニのイラストを 戦車帽かぶったものに変更(大事)

・メガミマガジンを厚紙カウンターに対応した打ち抜き仕様にするためのものをどれかのセットから再録
・その他後から追加した分のアンツィオ高校カウンターをまとめて再録
・戦車の数がこれまでのリリース総数より面数に合わせてちょっと増えている
・P30/43を新録
・P35/43bisを新録
・M16/43 Saharianoを新録
・Semovente M43 da 75/46を新録
・ヴェルデハ2の修正カウンター(上面図を斜め後方からの写真見て適当に書いたのが正しいものがわかったので修正)
・五式中戦車の修正カウンター(夏コミのミス修正)

・マドレーヌを新録(隊長仕様/エクレール隊長時用2種)
・コロンビエを新録
・エクレールとフォンデュのマドレーヌ隊長時仕様を新録
・ボルドーを新録
・辻つつじ隊長時(63回大会)用の西絹代と玉田を収録

変更点は以上となります。

ほぼドゥーチェたちを設定画から可愛くしたかったのとイタリア戦車で各校と戦うための自己満足変更再頒布セットです。
新規で起こしたマジノ戦キャラも実際ほとんど試合に関与していないマドレーヌとコロンビエ(4.25話参照)で、
ボルドーもリボンの武者の黒森峰戦(63回大会以降)用なので本筋としては必要はないですからね。
※タンカスロンとぱんつぁー・ふぉー!も再現性の上でスケール感の相性悪いですし。

[ 2016/11/03 23:08 ] 電源不要ゲーム | TB(0) | CM(4)

締め切りに間に合うのか? 

ちんたら黒森峰に手を付けていますが遅々として進まず。
やはり黒森峰って装備が現有戦力は同型の最新型やそれに類するもの(安定した型であったり)を使用しているイメージが強くて
パンターGをつかっていたらAはすべてGに改修済み、とかそういう学校なんじゃないかしらという気がして仕方がない。

なのでこうあまり妄想も働かず元々のゲームについてるので事足りるんじゃ的なね…。
まぁなんでかⅣ号がいない(主人公メカが画面に二輌以上いると冴えないからでしょうけど)のでそのくらいはたそうとは思いますが短砲身は居るんだろうかとか。
43口径長の75mm砲はあるんだろうかとかいつもであればバリエで入れちゃえーって何も考えずにやるようなところが
いちいちブレーキが掛かるんだよなぁ。なんでだろう。

逆に昔々パンターも揃っていなかった頃にⅢ号戦車を主力としていてJ型はその名残とかのほうが妄想働きますね。
Ⅲ号はシュルツェンで固めたM型がかつてのフラッグ用車輌であったため現在は整備は万全ながらも余り使っておらず、
J型を主に使用し、60口径長50mm砲以外のⅢ号も豊富にある、とか。
Ⅲ号戦車好きなだけだけだけれども!

あとはラングが揃って使われなくなったⅣ突とか。
なんかそういう感じで妄想しないと追加車輌を作る気がしないのが黒森峰。
マジでなんでこうあまり乗り気ではないのか…。
自分がドイツ戦車食傷気味なのかなぁ…。

ネタ的にはEシリーズとかいたほうがいいのかしら?
[ 2016/03/23 03:18 ] 電源不要ゲーム | TB(0) | CM(0)

前日に届きそう 

今回のゲムマ用の品は前日土曜日の受け取りになりそうということで手元にはまだありません…。
劇場版でも使われるプラウダのグリーン車体と青師団と…あれ…どこだっけ…。
月刊戦車道で追加されたどっかだったはず。
予定していた継続は劇場版に回しました。

特別号で戦車編成が明らかになりましたが微妙に台数足りない学校がありそう。
何らか補完版を出したほうがいいんですかねぇ。
記事読むとヤイカなんてDQNは居なかったし、エクレールも居ないことがはっきりしてしまいました。

同じ人がプロット切ってる以上、実質パラレルの宣言なんですかね。
カチューシャはヤイカの事をノンナがボコボコにしたやつ、と伝聞調で話しており、直接戦ってない事を示唆する一方、ヤイカは戦車の性能差がなければ、というようなことを口にしていましたが
特別号ではボンプルはカチューシャとノンナの作戦に完璧にはめられて負けたとなっていて
別に戦車の性能でもカチューシャが脳筋でもないことが提示されました。

おケイさんもカチューシャもリボンの武者オリキャラアゲのために勝手に敗北宣言してサゲられる展開が全く一緒で正直イライラしていたのでこれは寧ろ良かった感有ります。
まぁ、直接毎度負かされるちょび様に比べればマシなのかもしれませんが。
竪琴高校にもまた負けるんだろうなぁ。
いい様に負け役にされるちょび様やカルパッチョが不憫でならない。

正直オリキャラの強さの表現に毎度原作キャラが負けを口にさせられるってスピンオフとしては下の下だと思うんですけどね。
リトルアーミーやマジノ戦では独自の世界の中でキャラや強さを表現をしているのに
どうしてこうなったのか…。
[ 2015/11/16 10:29 ] 電源不要ゲーム | TB(0) | CM(8)
備忘録
管理人の更新するまでもないメモ書きです。

○サンマルコ ☆エル・グランデ ☆ハチエンダ ○ニュー・エントデッカー ○レーベンヘルツ △ドージェ ☆アベ・カエサル
再生産アンケート
amazonランダムアフィリエイト

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。