マケドニア玩具倉庫

無駄遣いをヌタヌタと書き綴ったブログ…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もうすぐコミケ! 

だが、夏のあらしを漸く見終わったので。そちらのネタを。
終わってたのを何しろ今週しった(7感発売からから気付いてなかった)ぐらいなので!
一体なにがあったのだ……。俺。

あらしさん死んじゃったよ!と思ったら生きていたのでああ生きてたんだ。
と思ったんだけど生存説と死亡説が入り乱れてるみたいですね。

事実だけを列挙すれば多分生きてるか死んでるかは分かるんじゃね?と思って列挙してみた。
・あらしの幽霊は一が13歳の夏以降も出現している。
→これはあらしが一を助けて死んだ後、成長した一と一緒に飛んできたことから確定。
なんか彼女に収まったっぽいよね。潤。

・確定した未来は変わらない。
→最終コマの日傘の人物は元から呉にいる。あの場でのあらしの生死を問わない。

・幽体を助けられるタイミングは実は助ける人間の年齢が閾値となっている。
→厳密な意味での年齢と言うより年月日といったほうがいいかもだれど同じ人間が同じ幽体を見たときに
ゆらぎがみえるのがある一定以上のタイミングである必要がある。
そうでなければ突然ゆらぎが見えるのはおかしい。

・あらしの肉体は死んだ描写がない
→幽体あらしが死んだときには結局のところ幽体だけが消え、肉体はどこにもなかった。
肉体を助ければ幽体が助かる理屈である以上、肉体を助ける余地はまだ残っている。
そもそも本来の肉体はどこにも出てこない。

・あらしのゆらぎはだれにもみえない
→コミックスで描かれた部分にはその閾値に達した人物も時間もない。

・空襲の顛末は未来の一に託される
→少なくともあの場の一ではなく未来の一に託された事柄ではある。

・一は呉出身

これを前提にあらしの死亡/生存を考えてみると
→あらしが死亡している場合、成長した一あらし幽体とその後もあい、その後呉で誰かと会うことになる。
誰かって誰?が1bitも描写されていないため意味が分からない。
また、最終コマから日傘の人物はあらし/あらし幽体でなければ意味がない。
だが、あらしがあのまま死んでおり、成長してもあらしの幽体が見えるのであればあらしが毎夏横浜に出現する以上呉で会う理由が全く語られないのでは不明すぎる。(あらしの幽体はわざわざ平行して新幹線で呉に行ったことになるだろうけどw)

→あらしが生存している場合、成長した一とあらし幽体がその後もあい、その後呉で誰かと会うことになる。
この場合は、あらし婆さんが呉在住、ということで決着がつく。

→あらしが死亡している場合、未来の一には託せるものがない。未来の一はあいかわらずあらしの幽体に会える以上、あらし救出に失敗し続けることになるのが確定した未来となる。
託されたはいいが果たせない、を託すと表現するか?など疑問の方が大きい。

→あらしが生存している場合、ある一定のタイミングであらしのゆらぎを一が見ることになる。
その年のあらしと共に45年に飛び、あらし本来の身体を助けることになる。

あの世界には平行世界がないのであの漫画に書かれた総てが確定した未来であって、
あらし救出はあの漫画に描かれていない確定した未来、ということになるかと。

身体とあらしの幽体はパラレルになるのであらしの肉体の一生としては、13歳で一に初恋をし、5/29に長い夢を見て、生き延び、呉で余生を過ごす。と言うことになるかと。





[ 2011/08/06 18:42 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
備忘録
管理人の更新するまでもないメモ書きです。

○サンマルコ ☆エル・グランデ ☆ハチエンダ ○ニュー・エントデッカー ○レーベンヘルツ △ドージェ ☆アベ・カエサル
再生産アンケート
amazonランダムアフィリエイト

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。