マケドニア玩具倉庫

無駄遣いをヌタヌタと書き綴ったブログ…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガールズ&パンツァー劇場版【ネタバレあり】 

ガールズ&パンツァー劇場版ですが、MOVIXさいたまの一番でかいスクリーンで見てきました。

以下ネタバレも含むので気にしない方、見ちゃったよという方は続きを読むからどうぞ ドゥーチェ!ドゥーチェ!ドゥーチェ!ドゥーチェ!ドゥーチェ!

なんだよいつもどおりじゃねぇかw
というのは置いておいて。
よかった!ドゥーチェ!悪いことしてなかった!
一番の恐怖は、やはりドゥーチェハブられ事件が起きること、でした。
公開されていた予告編ではっきりしていたのはダー様、カチューシャとグロリーアーナ、プラウダのそれぞれ新キャラ。
継続高校と知波単学園の面々と大学選抜の面々…。

サンダースはギャラクシーが上空を飛んでいたのでなんとなく参加確定かなぁと思いつつ、黒森峰とアンツィオは影も形も無し。

まほはともかくしほがみほとの確執を解消できたとは言いがたいのでまほも出しづらい可能性、そしてなによりテレビシリーズ→劇場版→OVAの順で発表されたこともあり、ちょびは初期構想から居ない可能性もあ考えたので
結構ドキドキでした。
パンフレットでも明らかにしていますが、吉岡さん自身居ないのでは、という疑惑を持っていた通り今年のちょび誕におくられてきた謎のバースデーメッセージ(いやホント誰だったんでしょうね)でも劇場版でちょび出るといいね的な空気を醸し出してたので
これはいよいよ居ないか?とも思っていたのでアンツィオトリオが出てきてくれたのは素直に嬉しい。
しかも予想外の大活躍。
当初こそなんでP40持ってこないんだよ!と突っ込んだものの、最後はタンケッテ最高!と言いながらドゥーチェと運命をともにしました。
なにより帰りのトラックが良かった。
三人ともすごく楽しそうに歌いながら帰っていくのがアンツィオらしくてとても良い。
正直ガルパンの学校にもし行けるなら、アンツィオかサンダースだと思う。
校風がとても楽しそう。
そしてこの二校に共通するのが隊長がどちらもモチベーターということですね。
OVAに於いてみほがどんどん細かい指示を出していくのに対してちょびは大雑把にしか言わない、というのが
隊長としての格の違いというか、両校の明暗を分けたというようなことを一挙放送時に鈴木さんがつぶやいて居られましたが、
確かにおケイさんもドゥーチェも取り立てて凄い能力描写はありません。
実際バミューダアタックでもおケイさんはなすすべもなくやられましたね。
射撃ならナオミの方が上だし、策を弄するのはアリサのほうが得意でしょうし。
ちょびも代名詞でもある勢いはペパロニ、装填手と兼トリガーの腕は比較しようがないものの単純な戦車乗りとしての腕はカルパッチョでしょう。
しかしてあの大シャーマン軍団を統制しあのスポーツマンシップ溢れる空気感の醸成はおケイさんのものでしょうし
廃れていたアンツィオ戦車道を立て直してあのイケイケドンドンなチームを作ったのもアンチョビの手腕でしょう。
そこからはやはりあの二人はモチベーターで空気作りが上手いというのがとても感じられます。
こういうバトル物ではすごい射撃の腕とか操縦が、とかそういのが持て囃されがちですがサッカーの監督とかを見てもモチベーターの監督が立て直すなんてこともよくありますし、
逆に気落ちしたチームを立て直せすズルズル大敗なんてこともあるので戦術家とモチベーターは特性の違いで優劣ではない、と思っています。
ぱんつぁー・ふぉー!はじめゲーム等では中々表現しにくいところですが、モラル崩壊があるようなゲームであればモチベーターの重要さは端的に表現できますね。

ちょびはああみえてとっても部下思いでなんだかんだそっちが優先しちゃうタイプですしね。
だからこそ我儘言ってCV33に3人で乗ってきた副隊長二人との関係はとても好きです。
ちょびが我儘言えるのはあの二人なんだなぁって。

そしてもう一人、アンツィオといえばはやみん演じるカルパッチョさん。
カルパッチョさんといえばたかちゃんひなちゃん。
もうカルパッチョ直伝アンツィオ戦術ナポリターンにマカロニ作戦Ⅱですよ。
これにはすなおにたかちゃんひなちゃんの深い絆を感じない訳にはいかない。
実際ナポリターンはともかくマカロニ作戦Ⅱは効果絶大戦果も絶大でアンツィオ戦車道バンザイだ!
惜しむらくは継続の隊長とカルパッチョはぜひ会話して欲しかったw

とまぁたいへん偏った感想など書き連ねましたがやはりオールスター戦は最高に燃えます。
きっと宣伝戦略なんでしょうけれど最初にそれが分かってれば前売りももう少し買ったのに。

そして最後のみほまほ姉妹コンビで最強最後の敵との戦いですよね。
超熱い。
そしてそんな中でも一瞬姉の顔をするまほとかとってもいいラストでした。

いやね、こんなこと書いていますけど実際のところ劇場でみほまほで最後の戦いに挑むのをみた瞬間に
ホントどうしようもない実況が頭をよぎってしょうがなかったw

「外の方から最強の二校!やっぱり最後は二校だった!最後はやはり最強の二校!」@1999有馬記念
ずっと脳内で堺正幸アナの声が響いてましたw
[ 2015/11/26 02:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
備忘録
管理人の更新するまでもないメモ書きです。

○サンマルコ ☆エル・グランデ ☆ハチエンダ ○ニュー・エントデッカー ○レーベンヘルツ △ドージェ ☆アベ・カエサル
再生産アンケート
amazonランダムアフィリエイト

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。