マケドニア玩具倉庫

無駄遣いをヌタヌタと書き綴ったブログ…

涼風さつさつ 

 ――はい、お姉さま。
 祐巳は、あの時に戻ってうなずいた。

 これ以上の幸せなんて探せなかった。

「たとえ深い闇にはぐれて迷い込んでも私ならばあなたのこと見つけられる」

しまぽんと乃梨子

( ゚∀゚)o彡゜乃梨子!乃梨子!
というパッケ絵とは裏腹に当たり前のように乃梨子は余り活躍しません。
でも男に全く怯まないのは流石共学出身。
しまぽんに毒されてもそういうところはさすが元主人公の一般人代表。
考えてみればゆみすけはリリアンの一般人代表で乃梨子はごくごく当たり前に一般人代表だったのかもしれませんね。

さて、そんなことよりも、です。
なんでこの巻のエンディングからシャルシェじゃないんですかwwww
あのエロゲーソングに唯一存在価値があるとしたら
「たとえ音のない真っ暗闇の世界にいても、そこに祐巳がいるならすぐにわかるわよ」
という祥子さまの言葉に重ね合わせた
「たとえ深い闇にはぐれて迷い込んでも私ならばあなたのこと見つけられる」
という歌詞がこの巻のエンドでかかる意外にないだろうがw

──それを動かすあなたの心があるから
──それを動かしていたあなたの心がそこに残ってたら小石ほどの欠片だって見落とさない
とか言う直接的なのもそうなんだけれど
私だけはあなたのことを救い出すとかもつまり

──大丈夫。私は祐巳の味方だから
ってことな訳じゃないですかヽ(`Д´)ノクワッ
なんで今回この曲つかわねーんだよヽ(`Д´)ノクワッ
ばっかじゃねーのヽ(`Д´)ノクワッ
シャルシェの2番こそゆみすけと祥子さまに限定した意味での涼風さつさつそのものじゃないかよ……orz
なんだよ綺麗な旋律って……。
それこそむしろ子羊とかでやれよ……。
一般論的な姉妹の絆の歌じゃねーかよ……。


とまぁそんなことはさておきヽ(`Д´)ノクワッ(さておくのか)

世の中お姉さま分が足りない!
涼風さつさつを見てると本当にお姉さま分が世の中には足りていないと感じます。
こう、なんというか世の中はですね、一人一お姉さま制度とかがあってもいいと思うわけですよ!ヽ(`Д´)ノクワッ
自分の味方であるところのお嬢様で高潔でゆみすけ依存症でツンデレなお姉さまが困ってるときは見誤らず見つけてくれるんですよヽ(`Д´)ノクワッ
それ以上の幸せなんてあるわけ無いじゃないですかヽ(`Д´)ノクワッ
なにいってんだゆみすけ!ヽ(`Д´)ノクワッ
当たり前じゃないか!ヽ(`Д´)ノクワッ

んー…お茶目なイタリアの歌姫と文通しながら優秀なおかっぱが常に傍らにいるとかも楽しそうだけどね(ぉぃ

そもそもマリみてはゆみすけとシンクロして読めるので実に読みやすいのです。
なので本来マリみて世界は基本的に浸かっているだけでお姉さま分が勝手に補充されるわけですが。
さいきんはゆみすけとドリルの話ばかりなのでお姉さま分がいまいちですね。
当初はお姉さまのお姉さまも居たので非常に良かったわけですが。

妹はいい!お姉さまを出せ!(次もドリル話なので無理ですが)
[ 2007/03/28 03:20 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
備忘録
管理人の更新するまでもないメモ書きです。

○サンマルコ ☆エル・グランデ ☆ハチエンダ ○ニュー・エントデッカー ○レーベンヘルツ △ドージェ ☆アベ・カエサル
再生産アンケート
amazonランダムアフィリエイト

ブロとも申請フォーム