マケドニア玩具倉庫

無駄遣いをヌタヌタと書き綴ったブログ…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

俯瞰風景 

みてきましたよ~空の境界!
いやはや全く酷い物で土曜の夜20時30過ぎくらいについたときには
当日のレイトショー2回は既に満席完売。
戻って隻数を調べたところ284(うち立ち見66)ということなので
朝10:30の先着順の回に90分前着(出発は120分前)で出かけたところ
朝の分既に完売。

どゆこと?!

朝の分が完売どころか実際には600人目以下。
いったい何時から何人並んでんだよ……。
というわけで朝9:00に劇場に行ったにもかかわらず見れたのは22:30……。
型月信者恐るべし。
劇場版空の境界公式サイト

アニメの出来の方は至って好みな感じで第2章以降も引き続き行くことが確定。
直視の魔眼について一切解説がないのはどうなのかなー(はじめて空の境界に触れる人は巫条霧絵とその取り巻き?に何しているのか全くわからんのではないかと思ったり)とは思いましたがまぁそのうち直視の魔眼については説明が入るだろうと言うことで良いのかなとも思ったり。
坂本真綾さんの式は非常にお好みでしたので個人的にはよい感じです。

原作を全くころっとすっかり忘れているせいかもしれませんが。
だってアレ読んだの2001年とかですからねぇ……。
でも空の境界が好きだったって事は思い出しました。

ついでに言うと式はやっぱりツンデレではないなーというのを再確認。
なんというのか甘えて拗ねてるだけですよね。彼女は。
いつもいつも甘えながら拗ねている。
拗ねるぐらい甘えてるという言い方の方が正しいのか。
なので凄く可愛らしい。

ところで。
本編が終わってスタッフロールになったところで何人かが帰っちゃいました。
で、そのままスタッフロールをみていたらそこには
黒桐薊花
の文字が。
見逃したか?!何処に出ていた?!
と焦ったのもつかの間、
我らが黒桐薊花はエンディング後のエピローグに登場。
ということは…スタッフロールを見ないで帰った人たちは…?

何という暴挙!
この映画最大の見せ場を見ずに帰るとは!(言い過ぎ)
映画を見ていて気付いたこととして薊花は秋葉と違って無い胸属性ではないのですね。
なんか原作でも薊花の顔の記憶は鮮明なのですがそれ以外は腕組みしていたことぐらいしか覚えてない…。


後どうでも良いこととして、朝の回を見逃した腹いせにアイアムレジェンドを見に行きましたが、これも予想の遙か斜め上でした。
まさかバイオハザードばりのゾンビ映画だとはなぁ……。


[ 2007/12/17 01:47 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
備忘録
管理人の更新するまでもないメモ書きです。

○サンマルコ ☆エル・グランデ ☆ハチエンダ ○ニュー・エントデッカー ○レーベンヘルツ △ドージェ ☆アベ・カエサル
再生産アンケート
amazonランダムアフィリエイト

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。