マケドニア玩具倉庫

無駄遣いをヌタヌタと書き綴ったブログ…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いざ鎌倉 

というわけで鎌倉に行ってきました。
ニート万歳!

鎌倉といえば幕府!幕府でしょうやはり!と意気込んでみたモノの、
調べてみると鎌倉幕府の建物って何も残ってないのね……。
と、なれば鶴岡八幡宮以外にはないでしょう!ということで鶴岡八幡宮へまずは行ってきました。

鶴岡八幡宮です!
P1000259.jpg

…………
………
……

失礼いたしました。

鶴岡八幡宮にたどり着く前に
こたわりのルテイン卵を中心にバウムクーヘンやクリームブリュレを作っておられるカフェレストラン
OVALE (オヴァール) 鎌倉さんのクリームブリュレソフトに引っかかりました。
うめぇ。

ソフトクリームを食べ食べ向かった先が漸く鶴岡八幡宮でございます。
ソフトクリーム食べながら鎌倉武士の守護神てのもどうかとは思いましたが
幸いと途中で人力車の兄さんにつかまりいろいろ話を聞いてるうちに食べ終わっちゃいましたね。
P1000258.jpg

というわけで鶴岡八幡宮の本宮でございます。
今年は靖国に始まりこれまでの一生分ぐらい神社仏閣にいったんじゃないかという気さえします。
無信心ですが歴史的な神社仏閣には敬意を払ってはいるんですけどね。
再建とは言えかつてここで頼朝や北条政子を前に静御前が舞を舞ったりしたのかと思うと感慨深いモノがあります。

撮影禁止でしたが、宝物殿にもよって中を見てきました。
十二単の実物とか花押とか興味深いモノが多かったので撮影できなかったのは残念。

P1000225.jpg
源氏池ですね。
ここでちょっと一休み。
P1000223.jpg
なんだか全く人を怖がらない鴨がぼんやり休憩中。
P1000221.jpg
池の中には巨鯉や亀が……と思いきや
P1000220.jpg
さらにでかいスッポン登場。
小さな頃にみたことはあるんですが改めてこんなでかいんかとびっくり。

さて、鶴岡八幡宮を見終わったので続いていく先と言えば……
P1000218.jpg
やはり鎌倉幕府開祖である頼朝公の墓所でしょう。
幕府跡が一望できる大倉山中腹にある高さ2mはあろうかという層塔です。
頼朝の子孫である島津重豪が建てたとされるものですが、現在のものは下部を除いて20年ほど前の再建です。(元の塔上部は平成元年に、何者かに破壊されてしまいました)

また、重豪自身も島津家開祖の忠久が頼朝の庶子であるという島津家の系譜によるだけで
実際には忠久はおそらく惟宗忠康の子と現在ではいわれており、頼朝に連なるわけではないようです。
しかし惟宗家自体が醍醐天皇の後裔であるとの説があり、それが本当であれば清和天皇の流れをくむ河内源氏の頼朝とは仁明天皇の昔に分かれた遠い親戚筋ということになります。

さて。頼朝公のお墓を離れて向かった先は萩の寺として有名な宝戒寺‎です。
新田義貞に攻め滅ぼされて同地の裏山で自刃した執権北条高時を弔うために後醍醐天皇が足利尊氏命じて建立したとされる天台宗のお寺です。
鎌倉幕府執権の屋敷地跡とされています。
実際には建武の新政崩壊後に足利尊氏が手がけたと推定されているんだそうですが。
P1000217.jpg
なぜかここで撮った写真は本堂の手前に咲いていた蓮の花だけという。
源氏池に花がなかったのでついうっかり…ですね。
江戸時代に七道伽藍の悉くが焼け落ち昭和に入ってから再建中という形らしいですが、
重要文化財の地蔵菩薩はしっかりと拝んできました。

P1000216.jpg
おなかがすいたのでお昼ご飯です!
ソフトクリーム食べたのは実は10時半すぎだったんですね…
駅近くにあった鎌倉バーグという豆腐ハンバーグをだしている鎌倉小町にて。
同店の名物メニュー湯葉丼も食したかったので追加で300円はらってミニ湯葉丼にしてもらいました。(鎌倉バーグは新名物)
(゚д゚)ウマー
毎日食べるには高すぎますが(笑)

P1000256.jpg

さて、ここから江ノ電に乗って高徳院へ。
江ノ電はちょうど板張りの古い車両がきてくれたのでそれに乗り込みました。

P1000213.jpg
かーまーくーらーだーいーぶーつー
P1000244.jpg
奈良の大仏は昔みましたがこちらはお初。
露座の大仏と言うことで緑青の色がいいかんじです。
本来は木製の大仏だったんだそうですが、倒壊、現在の大仏を作ったのちに大仏殿が台風で二度倒壊。
15世紀に大津波でまたもや大仏殿が破壊されるや再建を諦め、現在の形になったそうです。
さすがに500年以上に渡って風雨にさらされていると言うこともあり、頸部などはFRPで補修、保護してあるそうです。
P1000241.jpg
内部からみた頸部。茶色く変色している部分がFRPで固めた部分
P1000240.jpg
前後してしまいましたが後ろに回るとなにやら窓のような開口部が。
ちょうど大仏の右手がわからまわったものでもう半周すると中に入れる入り口が。
P1000243.jpg
大仏の中です。この一つ一つの四角いブロックが鋳型のあとだそうです。
小さな鋳型をくみ上げてこの巨大鋳造物を作ったわけですから想像するにその労力たるや、です。
P1000245.jpg
大仏横の屋根の下から。
こうやってみると現代建築物ですがなかなか風情がありますね。

さて、鎌倉大仏といえば山海堂なので(?)、もちろんのこと立ち寄ったのですが
さすがにお店の中を撮影するのも憚られましたのでいつも通り指をくわえて福岡一文字則宗を眺めて出てきました。
外国人観光客はかなりアグレッシブに二振りとか購入していましたが。
うらやましい。

さて、大仏の次は観音菩薩とあじさいで有名な長谷寺でございます。
P1000248.jpg
観音堂。
P1000247.jpg
あじさいの名所でもありますが手前の庭にはあやめが見事に咲き誇っていました。
P1000249.jpg
時間が時間(4時過ぎ)だったためすいているあじさいロードへ。
P1000250.jpg
ちょうど満開になったばかりだそうで人力車の兄さん達が「満開になった」と情報交換していました。
P1000251.jpg
種類はわかりませんがいろいろあったので撮影。
P1000253.jpg
あじさいといっても趣は大分それぞれ違うようです。
P1000255.jpg
あじさいロード脇の竹藪越しに。

P1000252.jpg
このあと海に出てみよう!ということで海岸まで行ったのですが。
あいにくと雨に。
暫く波を眺めていたら雨は止みましたがさすがに時間も時間なので帰りましたとさ。

P1000257.jpg
帰りに駅近くで見つけた謎の店。
ハイブリッド?
[ 2009/06/12 12:55 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
備忘録
管理人の更新するまでもないメモ書きです。

○サンマルコ ☆エル・グランデ ☆ハチエンダ ○ニュー・エントデッカー ○レーベンヘルツ △ドージェ ☆アベ・カエサル
再生産アンケート
amazonランダムアフィリエイト

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。